2016年12月11日

《フェイスアップドライキャップ シュシュ付き》を使ってみました。

「マイクロファイバーで素早く髪ドライ☆」というアイテムを
試したことがあります。
「つけるだけで顔の筋肉リフトアップ♪」というアイテムもまた
試したことがあります。
今回は、「マイクロファイバーで素早く髪ドライしながら、
顔の筋肉リフトアップ!」というアイテムを試してみることに
しましょう……。

《フェイスアップドライキャップ シュシュ付き》

101095030.jpg


筒状のマイクロファイバー地を幅広ゴム側を下にしてすっぽり
かぶる→髪を中に入れるようにして持ち上げる→先端をそのまま
後ろに垂らし、付属のシュシュでキュッとしばって一丁上がり。

……という使い方です。
髪が長かったりボリュームがあったりで、普通のタオルやシャワー
キャップ型のドライキャップでは洗い髪がボッテリ落ちてくる
方におススメです。
以前に試したキャップは、先端にあるループをフロントの
飾りリボンに引っかけるタイプでしたが、後ろの髪が引っ張られる
ような感じがあったので、こちらの方が負担がなくて好きかなー。
シュシュの飾りは正直、邪魔。フツーの輪っかでいいのですが、
これはセールスポイントというやつか。

で、肝心のリフトアップですが……意外に弱い。
前回試したリフトアップターバンが死ぬほどキツかったのですが、
その反動だろうか。
吊り上げ効果は、ま、おまけ程度に思っていた方がいいかも。

画像で見るとかわいらしい色ですが、実物は派手カラーです。
ピンクを風呂上がりにかぶってたら、
「オカーサン、どうしたん、それ」
と、子供達に言われた……。え?中年にはムリですか??

posted by Anthony at 22:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

《使ってよかった!場面別・最強あったかアイテム☆》 《使ってよかった!場面別・最強あったかアイテム☆》

いやいや、びっくりしました。
何がびっくりしたと言って、11月に雪が降るなんて!
しかも、積もった!
私の住んでいる地域は、太平洋側で割と気候温暖系。
そういえば、ここ2年、雪なんて見てないなーって位の。
それが積雪!真冬が怖いわー。
というわけで、スリッパ無しではフローリングが歩けない
ほどヒンヤリした空気の中、今まで使ってみた<あったか
アイテム>の中でも、特におススメの物をシチュエーション別
に紹介してみようと、不意に思いついた次第であります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     【外出時の第1位】

《ボアネックロール》
101091240.jpg


「寒い時は<3つの首>をあたためろ」といいます。
首と手首と足首のことです。
外出時はここに<耳>も付け加えたいです。
あの、寒さでちぎれそうな感覚、何ともツラいです。
帽子+マフラー類、耳当て+マフラー類というやり方も
当然ありますが、私なんかは、帽子とか耳当ては頭が
ギューッと締め付けられる感じが苦手で使いません。
ってか、使えません。
そんな方にはうってつけのこのアイテム。
一粒で2度どころか、3度も4度もおいしいネックウォーマー。
もう、柔らかくてフワッフワであたたかくて!
「癒される」とは、正にこのことか。
暖房費の節約のために、家にいる時も時々かぶってます。
この画像は色んな意味で怪しさがありますので、
おしゃれな使い方につきましては商品ページで確認してください。
かぶるだけで巻きのテクニックとか要らないところが◎。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
     【フローリングの第1位】

《足すっぽり保温スリムブート》

すみません。手元に最新版の画像がなくて、リンクだけ……。
食卓やソファで座っている時、フローリングの冷たさに
足がもう冷えて冷えて……という方に愛され、たぶん3年目。
別に絨毯敷きでも畳部屋でもいいんですけど、とにかく
足首から先の感覚がなくなるくらいツラいけど、電気カーペット
の類は使いたくない派には特におススメのブーツ型足入れ
クッション。
いわゆるボアスリッパではカバーできないふくらはぎまで
スッポリ覆ってくれるところがミソ。
毛布を掛けるだけより断然あったかいです。もちろん、併用
すれば、さらに幸せ☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     【おやすみタイムの第1位】

《マイクロファイバー首元あったかベスト》


(しまった、これも画像がない……。)
冬に寝る時は、靴下を履いて寝る派です。
行儀悪いと叱られてもこれだけはやめられませんね、ええ。
しかし、一番スースー冷える首元と肩だけはガードできず、
寒くて寝た気にならないことがよくありました。
厚着すると暑いし、布団を深くかぶるとやっぱり暑いし、
暖房効かすと喉傷めるし。
で、このベストです。
最初は正直、自分がバアさんになったような気がして
着るのに抵抗がありました。見てくれが、ねぇ?
ただ、いったん着はじめたら、もうやめられませんわ。ええ。
軽くてあったかくてね、スースーがなくなっただけで
ここまで安眠できるとは。
毛布を着ている感がありながら、蒸れないところがグッ☆

posted by Anthony at 00:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

《スノー滑らナイゼン オールスパイク》を使ってみました。

昔から雪道が苦手でした。
ほとんど雪の降らない地方に育ったものですから、たまーに
降ると、もう大変!
ある程度の大胆さが必要にもかかわらず、へっぴり腰で恐る恐る
歩くもんだから、すぐ滑る。
積雪2センチが怖い。
雪が中途半端に溶けた後、固まった凍結面はもっと怖い。
今、住んでいる地域は、山を切り開いてできた坂だらけの傾斜地
なので、恐怖3倍増しです。
車のタイヤだけでなく、自分の靴にもチェーンつけたい。

《スノー滑らナイゼン オールスパイク》

101094870.jpg

って言っても、いつか来るかもしれない雪道のためにスパイク
買うのも無駄だしなー。と思っていた頃に見つけたのがコレ。
実は、入手したのは一昨年の冬でした。いや、その前か?
「降ったらレポ、降ったらレポ」
と唱えていたのに、こういう時に限って全く降らない。
このままだといつレポできるか分からないので、今やっとく。
わざわざ雪国まで行く予算はないので、残念ですが、どんな靴に
つけられるか、という調査結果のみお届けします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1)おそらく、婦人靴のみ対応。
  適応サイズМ(22〜25センチ)、L(25.5〜28.5
  センチ)対応となってまして、私の持っているのはМなんですが、
  足先部が意外に狭い。
  縦には伸びる素材ですが、横は非常に伸びづらく、24センチの
  息子のスニーカーが入らなかった。
  メンズとレディスでは足回りが違うからですね、きっと。
  紳士靴でも、先がギューンととんがったタイプのビジネスシューズ
  なら入るかもしれませんが、丸っこいシルエットの物はたぶん
  無理でしょう。

2)細いヒールの靴はムリ。
  3センチ程度のヒールでも、地面に向かってキュッと細くなる
  標準的な形のヒールは後ろ側のゴムでホールドできないので
  すっぽ抜けます。
  逆に、6センチ近いヒールでも、寸胴タイプのいわゆる太ヒール
  ならしっかりはまりました。かかとの太さは重要。
  ローファーはほぼ使えるでしょう。

3)金属スパイクついてます。
  3ミリ強(推定)の金属スパイクが、前部に6個・かかと部に
  4個ついています。
  滑り止めとして期待できますが、その反面、雪の無い硬い
  床面・アスファルトの上を歩くと、カッツンカッツンと音が
  します。
  フローリングの上で試し履き、とかはやめましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いざという時のために、積雪3センチが大ニュースになる都会の
ご家庭にこそ備えていただきたいアイテムかとは思います……。

posted by Anthony at 22:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。